INTERIOR LIFE STYLE

いつも故人をしのぶことができる小さな仏壇

今までは「仏壇は仏間に置くもの」というのが一般的な考え方でした。しかし、近年その傾向が変化してきています。特に都会ではマンションやアパート暮らしが多く、住まいの間取りに制限があるため、「仏間にスペースを割くのが難しい」のが実情です。そこで今、さまざまな住宅事情に合わせた、スペースを気にせず置ける「小さな仏壇」が人気を集めています。ライフスタイルに合わせて選べる、小さいながらも本格的な仏壇をご紹介します。

故人の写真と一緒に飾るミニマルな仏壇

仏壇と言えば和室に置く、というのが定番でしたが、時代とともに和室がない間取りのマンションやアパートも多くなってきました。そうした背景から、リビングルームに置いても雰囲気をこわさない現代風デザインの小さな仏壇に注目が集まっています。

そのひとつが、写真を中心に、骨壺、花入れ、線香立てなど必要最小限の仏具を合わせたミニマルな仏壇です。明るいガラスや天然石でできたものなどもあり、従来のような堅苦しさを感じさせないため、和洋問わずどんな雰囲気の部屋にも馴染むデザインになっています。これなら、暮らしのなかで、いつも身近に故人をしのぶことができます。

コンパクトで美しい省スペース型の仏壇

きちんとした仏壇を置きたいけど仏間がない、置くスペースがない、インテリアと合わないのはイヤだ、などの悩みをお持ちの方は多いものです。そんな悩みを解消してくれるのがコンパクトサイズの美しい仏壇です。

ひとつは、壁掛けタイプの仏壇です。奥行き15センチ程度、壁に掛けやすく軽量に設計されています。そのほか棚の中に入れ込んだり、タンスやシェルフの上に置いたりと、ちょっとした隙間にも配置できます。扉があるもの、扉のないオープンタイプのものなど、リビングや寝室に置いても違和感なく調和する洗練されたデザインになっています。

それでもまだ大きすぎる、もっとサイズの小さいものが欲しい、という要望に応えて登場したのが、A4サイズのミニ仏壇です。A4サイズとは、雑誌やノート、コピー用紙でおなじみのあの大きさ。縦型、横型から選べ、ナチュラルな木製デザインなので、お部屋のインテリアに自然に溶け込みます。今までにあった「仏壇はこうあるべき」という固定概念を覆すスタイルでありながら、きちんとした祈りの空間を保てます。

小さくてもきちんとした仏壇がほしい

「小さくてもきちんとした仏壇」がほしいというのも多くあるリクエストです。例えば、「ご両親から引き継いだ大きな仏壇を処分し小さなものに変えたい」、「子どもが大きくなって仏壇を置く部屋が足りなくなった」、「老人ホームに入るのでホームの部屋に置けるサイズの仏壇を持っていきたい」、「引っ越しを機に大きな仏壇を置けなくなったけど、きちんとした仏壇を身近に置きたい」、などの場合です。このような要望をお持ちの方は、天然木でできた位牌が入る50センチ四方以内のミニタイプの仏壇などはいかがでしょうか? 小さくても故人をしのぶことができる尊厳を損なわない仕様の仏壇です。

小さな仏壇なら選択肢は無数

今までのイメージを覆すようなデザインの小さな仏壇が登場してきています。伝統を大切にしたもの、美しいもの、モダンなもの、など選択肢は数多くあります。インテリア性を考慮しながら、故人への思いにふさわしいスタイルをぜひ見つけてくださいね。

ソット (Sotto) ポタリン       

仏具の基本的な組み合わせである三具足の、火たて、香炉、花たてにおりんとりん棒を加えたコンパクトなオールインワン仏具。

ソット (Sotto) ピクチュアリ シリンダ

故人の遺物を大切に保管するためのメモリアルボックスとフォトフレームが一緒になったケース。ペット用骨壺としてもご使用できます。

ソット (Sotto) ピクスタル

故人を弔うための祀る場と、遺影を飾る写真立てを一つにした「ピクスタル」。「ポタリン」や「チェリン」などSottoの製品を台座に並べることができます。

ソット (Sotto) チェリン

故人を想いながら手を合わせるときに音を鳴らすおりんとりん棒のセット「チェリン」。上面の穴にりん棒を立てて納められます。

オンラインショップ「whyKnot」はこちら