EATS

【おうちでラテアート】コーヒータイムが楽しくなるラテ文字作成ツール

コーヒー好きにとって、ラテアートを見るのもカフェを訪れる楽しみになっているのではないでしょうか? 期待以上のラテアートに出会うと、驚きとうれしさでカフェタイムがより楽しくなりますね。このラテアート、眺めるだけでなく自分でつくってみると、その難しさが分かり、興味を持つ方がとても多いのです。練習を重ねた末に、上手に仕上げられたときのよろこびはひとしお。そんな自宅でのコーヒータイムを楽しくするラテアートが、誰でも気軽に始められる作成ツールをご紹介します。

基本のラテアート

初心者が最初に練習する基本のラテアートには、リーフ(木の葉)とハートがあります。シンプルなのですぐできそうに見えますが、バランスよくカッコいい形に仕上げるのはなかなか難しいのです。

ラテアートを描く方法は、大きく分けてフリーポアとよばれるミルクをピッチャーから出しながらつくる方法と、エッチングとよばれるピックやスプーンなど器具を使ってつくる方法の、2種類があります。
リーフとハートはフリーポアでつくられます。上手に描くコツは、ミルクの淹れ方です。注ぐスピードや勢いをコントロールしながら、カップの中でエスプレッソとミルクがどのように混ざり、どのようにミルクが表面に浮かんでくるかを読めるようになること。まずは体験しながら感覚をつかみましょう。そのうえで形づくりの要になる手前へ引きつけるタイミングを身につけます。

ラテアートを上手につくるには練習あるのみ

バスケットボールの選手がフォームをつくるために何度もシュートの練習をするのと同じく、ラテアートをつくるにも練習あるのみです。一気に手際よくつくらなければいけないため、習得するまで水を使って何度もイメージトレーニングするなど、練習を積み重ねる必要があります。「どうしてミルクがこのようになるのか」といった理屈を知ることも必要ですが、究極のところ、テクニックは身体で覚えるもの。身体の感覚でコツをつかむことができたら、他のラテアートにも応用できるでしょう。カップの中のエスプレッソとミルクを上手にコントロールしている自分の姿、美しく完成したラテアート、などをイメージしながら楽しく練習してください。いつのまにか理想的な形を感覚でこなせるようになっていますよ。

パターンを変える、ツールを使ったアートも楽しい

ミルクでラテアートをつくるのも楽しいものですが、ツールを使ってミルクの上にココアパウダーをふりかけてつくるアートも仕上がりのスタイルが変わって楽しいものです。

ツールを使ったアートのつくり方はとても簡単です。まず、コーヒーにミルクを注いだ後、コーヒー表面にミルクの泡を全体に広げます。その上にラテアート用「ステンシル」を置き、パウダーを振りかけるだけ。誰でもすぐにお気に入りのラテアートが完成できます。文字を表現したステンシルを使えばメッセージを描くこともできるので、コーヒーと一緒に気持ちを伝えるのも楽しいですね。またココアパウダーだけでなく、フルーツパウダーを使えばカラフルに仕上げられます。自宅でもカフェのように、ラテアートを楽しんでみませんか?

ラテアートでコーヒーを贈り物に

コーヒーに絵を描いて楽しむラテアート。便利なツールを使えば、誰でも気軽にカフェのようなラテアートを完成させることができます。自宅で楽しむのですから、失敗しても気にすることはありません。味わうだけでなく、創作するという楽しさをコーヒータイムにプラスしてみませんか。一杯のコーヒーが家族や友人を笑顔にする、小さな贈り物に変身しますよ。

#whyknot reccomend

▼BARISTA&CO

ステンシル

ミルクフォームの上にステンシルラテアートを描くことが出来るカフェグッズ。同シリーズのココアシェイカー等でステンシルの上からココアパウダーを振りかければ、ワンランク上のカフェタイムが楽しめます。

ココアシェイカー

細かなココアパウダーをかけられる、ラテアートの必需品です。
シナモンパウダーやパウダーシュガー等他の物にも使えるので、お家にひとつあればお菓子作りなどにも重宝します。

ミルクジャグ

疲れが溜まったと感じる日は、ミルクジャグにたっぷりミルクを用意してリラックスタイムを楽しみませんか。
使用する道具をBARISTA&COの同色で統一させれば、使わない時にも棚に飾って眺めたくなること間違いなしです。

ミルクフローサー

自宅でお手軽にカフェのようなフワフワなカフェラテやカプチーノが楽しめるます。
ミルクを入れてレンジで温めながらレバーを上下に動かすだけなので、休日にお子さんと一緒に楽しめます。パパとママはコーヒー、お子さんはココアでリラックスタイムはいかがですか。

オンラインショップ「whyKnot」はこちら